TOP PAGE サービス/製品一覧 遊音工房 技術情報 ブログ お問い合わせ お店紹介


遊音工房


遊音工房の目指す音とアプローチについて

ユーインメソッドと改造スピーカーモンスピについて

バッテリードライブアンプについて

手作りケーブルについて

手作りUSB DACについて

バッテリードライブ音楽専用コンピューターについて


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


遊音工房の目指す音とアプローチについて

 遊音工房の目指す音は、録音された音が可能な限り 正確に再現された音です。録音された音が 全て正確に 忠実に再生されたもので,いらない色付けが全くされていない純粋な音を再生する装置を作ることを目指します。また、スピーカーなどの改造をする時の目指す音も同じです。

この目指す音が出せるようになると、眼の前に演奏者が表れ、演奏する時の動きとか気配まで感じられるようなリアルな音像を作り出す装置になります。もちろんジャズは良いけどクラッシクはだめとか、虫の声が虫の声ではないように聞こえる、などといったようなことは無くなり、録音された音はどんな音でも全て本当にそれらしく聴こえるようになります。                           

この様な高性能な装置で音楽を聴くと、聴き疲れなくいつまでも音楽に没頭できるようになり、また その音楽を作り出した人が 音楽に込めたメッセージを正確に感じる事が出来るようになります。

この理想のステレオに アプローチしていくと、どうしても大量生産することができない 細かい人の手による作り込みの作業が必要になってきます。そのために 遊音工房では、熟練した作業者が 一つ一丁寧に作り上げる、ハンドメイド生産方式を採用しています。そして、ユーインメソッドによるスピーカーの改造、バッテリードライブアンプ、USB DAC、音楽専用バッテリードライブ・コンピューター、オーディオケーブル、スピーカーケーブルと、音の入り口から出口まで全てを、遊音工房で一貫して手づくりした高性能ステレオセットを 皆様にご提供いたします。        


ページトップへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ユーインメソッドと改造スピーカー“モンスピ”について

 音の出口であるスピーカーは 最も音質に関わるパーツです。スピーカーの音質を良くする為に 遊音工房が長い年月と思考錯誤の結果 編み出した改造方法が ユーインメソッドです。その最も主要な部分は コーン型スピーカーユニットの 音質に関わる3つの要因を 改善するものです。 


1)コーン紙の剛性化                                    

コーン紙を、音楽再生の振動中に たわまない様に補強して強化します。できるだけ軽くする必要があります。たわむと歪んだ音になり 聴き疲れの原因になります。また、重くなると能率が落ちて 微小音が出にくくなります。補強のやり方一つで 大きく効果も変わってくるので 高度な改造技術と技量が必要です。                                   

2)コーン紙の動きを制動する力の調整                         

殆どの市販のコーン型スピーカーは コーン紙の動きを制動する力が強すぎて、微小音が聞こえにくくなっています。エッジを 柔らかいセーム革にしたり、ダンパーの制動力を抑えたりして コーン紙の動きを妨げている力を和らげて 最適化する改造です。これにより、コーン紙は より正確に音楽信号通りに空気を振動できるようになります。  


3)磁力の強化                                         

磁石の磁力を強めると より正確にコーン紙が 音楽信号どおりに振動し始めるので、音質が良くなります。強力なネオジウム磁石を スピーカーユニットの磁石に 追加するように取り付けて 磁力を強化します。

しかし、磁石の取り付け方法は非常に難しく、取り付け方により効果も大きく変わります。また、間違った取り付け方をすると 本体の磁石の磁力を低下させる原因にもなります。さらに、非常に強力なネオジウム磁石の取り扱いも  慣れないと大変危険です。
                    
磁石の追加は、効果が薄ければ 取り外して元の状態に戻すことができますので、全ての改造が終了した後に 実施してみるのが効果的です。


ユーインメソッドとモンスピについて                            

遊音工房では、これらの音質に関わる要因を改善する為に、社長が30年余りの年月をかけて 試作実験を繰り返してきました。そして、編み出したこれらの改造方法にユーインメソッドと名を付け起業いたしました。

このユーインメソッドによる改造をされたスピーカーを モンスタースピーカー、略して“モンスピ”と呼ぶことにします。特に磁力強化までした物をネオジウム磁石の名前を取って“モンスピネオ”と呼ぶことに致しました。                  

モンスピの音は余分な歪が無くなり、自然でリアルな音になります。更に、微細な音まで聴こえるようになり、低域側にも高域側にも再生帯域が広がります。また、低音のスピード感が増し、音像が鮮明に広がって聴こえるようになります。更にネオジウム磁石の追加でより一層の効果があります。改造前のスピーカーの音からは 全く想像できないような、まさに モンスターのようなスピーカーのモンスピネオになるのです。       



ページトップへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バッテリードライブアンプについて

社長は スピーカーの音質を高める研究と同時に、20年ほど前から 高性能アンプの開発も並行して進めてきました。その結果、アンプで最も音質に大きな影響を与えているのは電源であり、最も性能が良い電源は 鉛バッテリーであるという結論にいたりました。また、回路は できるだけシンプルにして、使用する電子部品は 厳選した物を使用する必要があることが解りました。


バッテリー電源について                                      

鉛バッテリーは、古くからエンジンの始動などの 大電流を瞬時に供給する必要がある時に 使われてきました。内部抵抗が小さく、瞬時に大きな電流を供給する能力に長けています。アンプに使用すると、スピーカーを強力に駆動する事ができ、外来ノイズの混入がが非常に少ない最適な電源です。        

市販されているアンプは、100Vもしくは200Vの 交流電源を整流した電源で 動いています。交流を直流に整流した電源では、常に電源電圧が変動し、電流供給能力も変動します。そのために アンプでスピーカーを駆動する時に 駆動力にどうしてもムラが生じて音が歪みます。              

さらに100V、200Vの交流電源は、同じケーブルにつながっている 他の機器から発生したノイズも 電源を通過してアンプに入り込み アンプの音を濁らせます。バッテリー電源はこのような問題がいっさいないピュアーな電源なのです。                            

この20年に及ぶ アンプの開発研究の結果をふまえて作り上げたのが、遊音工房製バッテリードライブ・アンプです。

このアンプには遊音工房製の高性能充電回路がついています。スイッチが入っていない時は自動的に100Vのコンセントから充電され、満充電になると充電が止まります。そしてバッテリーを、最も劣化の少ない状態で 保持するようになっています。その為 普段は何もする事はありませんし、バッテリーの寿命は5年以上にもなり 非常に経済的です。                                                


バッテリー電源の音が良い理由
                                   

市販の100V,200Vの交流を整流した電源では、電気の供給元の電圧が常に変動しているので 常に電気の供給能力も変化しています。どの様な技術を用いても これを完全に平滑化するのは不可能です。そしてこの電源に最もコストが掛かりアンプの値段を押し上げています。  

バッテリーは、プラスとマイナスの 二つの電極表面の化学平衡反応により発生する 電位の差を取り出しています。発生する電気の元は二つの電極表面に発生する電位差によるものですが、これは常に、物理的に決められた電圧が発生するように電極表面で起きている 化学平衡反応によるものです。

その化学平衡反応のスピードは非常に速いので電圧降下に対するリカバリー時間は大変短くなります。その為 電流が流れた瞬間に降下した電極表面の電圧は、化学平衡反応により 瞬時に決められた電圧を保持するように反応が進み、回復するのです。このことが常に安定した電源電圧を維持できる理由です。

勿論、車の始動時のセルモーターを回すよな 百アンペア近い超大電流を取り出す時は、さすがに化学平衡反応の量が遅れて 一時的に電圧降下を起こしますが、スピーカーの せいぜい数十グラムの振動板を振動させるくらいの アンプの動作電流では、充分すぎる供給能力を持っています。その為に、常に連続的に安定した電圧で スピーカーを駆動しているアンプに電気を送ることが出来るのです。

このようにバッテリーは、コンデンサーのように 単に電気を蓄えていると思われている方も多いかと思います。しかし実際はそうではなく、2つの電極の表面で それぞれ異なる物理的に決められ発生した電位差を取り出している 高性能な発電機とも考えられるのです。この安定した電圧と 電流供給能力こそが、色付けがないピュアな音を出す アンプ動作の堅固な土台となっているのです。                                             


アンプ回路について                                         

高性能なバッテリー電源から供給される ノイズの無い安定な電源電流は、アンプの動作解析にも大きな影響を与えました。アンプ回路の良し悪しが 良く聞き分けることが出来るのです。

この安定した高性能電源のおかげで どの様な回路が音が良いのか、また どの電子部品の音が良いのかが 良く聞き分けることができるようになりました。この電源を使いだしてから 20年余りになりますが、その間に 数多くの試作実験を繰り返して 今のアンプの形にたどり着きました。    

アンプ回路としては、シンプルで できるだけ少量の 優れた特性を持つ電子部品で作り上げるのが 最も良いというのが解ってきました。入力段は微小信号までよく拾うJFETで、出力段は駆動力が大きいMOS FETが最適です。NFB電流量は最少限に、NFBループはできるだけ小さくする様に作るのがポイントです。勿論、ディスクリートトランジスターを使用して、一つ一つ特性を測定して確認したトランジスターを組み合わせて回路を組む必要があります。

回路配線が薄い銅箔で、あらかじめ基板内に作りこまれた プリント配線基板は、量産するには有利ですが、流す電流量とか特性の合わせ込みに限界があります。プリント配線基板を使わずに、特性を合わせ込みながら、厳選したパーツの足どうしを、直接一つ一つ丁寧に半田付けして基板を作っていくのが、良い音がするアンプを作るのに 最も適した作り方なのです。        


バッテリードライブアンプの音について                               

バッテリードライブ・アンプの音は、無色透明で 全く色付けがない音です。市販アンプのように メーカーの特色を出す為の色づけなどを 一切やっていません。音の定位感が優れていて、リアルな音像が眼前に大きく広がります。定位感が良いアンプほど 動作が優れた高性能なアンプといえます。また、繋がっている 他のオーディオ機器の持つ音の差が良く解るようになります。                                            



ページトップへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

手作りケーブルについて


高音質のスピーカーとアンプを追及していくと、ケーブルによる音質の劣化も 次第に無視できなくなってきました。そこで この半年間 私どもの高音質スピーカーとアンプを使って、音の劣化が少ないオーディオケーブルの試作を繰り返して追及してきました。                    


オーディオケーブルについて                                       

その結果、微弱な音楽信号を伝える CDプレイヤーとアンプ間などに使用する オーディオケーブルは、同軸構造よりも 2本の線を 綺麗に撚りあげたツイストペア線にして ノイズ対策をした方が 音が良いことが解りました。

そして、さらに 線の断面積が小さい方が、音楽信号の劣化が少なくなり、より細かい音までより正確に伝えることが確認されました。 

しかし、断面積が小さくなると必然的にケーブルの抵抗値が上昇してきます。確かに細い線になると、細かい音まで聴こえるようにはなるのですが、音が次第におとなしくなって 痩せてくるのも解ってきました。               

この相反する問題を できるだけ抑えるようなケーブルの構造は どの様なものか?ケーブルの長さと、断面積の大きさの 最適値を探す試作を繰り返して、最も効果的な構造の スピーカーケーブルの製造方法を確立いたしました。         


スピーカーケーブルについて                                  

アンプで増幅された音楽信号を、スピーカーに伝える スピーカーケーブルにつきましても、同じように 色々と試作を繰り返して 音の変化を確認してゆきました。               

その結果、オーディオケーブルと同じく 線の断面積が小さいほど より細かい音までよく聴こえるようになることが解りました。そして、予想通り抵抗値上昇の音痩せの問題も発生することが解りました。               

スピーカーケーブルも オーディオケーブルと同様に 試作と試聴を繰り返して 最も効果的な構造を 作り上げることができるようになりました。結果として、絶縁被膜をつけた細い線を束ねた リッツ線が最も性能が良く、長さやスピーカーの種類により、最適なリッツ線の仕様も変わることが解りました。                                                
また、試作実験中に解った事として、線の構造の違いが 音へ与える影響が現れ易いのは ホット側の線で、グランド側はあまり変わらず、グランド線はできるだけ太くして抵抗値を下げるのが効果的ということでした。ですから、使用状況に合わせて作りこまれたリッツ線を、ホット側となるアンプの赤の出力端子に使用し、黒の端子には出来るだけ太い線を使ってアンプとスピーカーの間を繋ぐのが最も良さそうです。

これらのツイストペア線やリッツ線のケーブルは、電線メーカーで作るような単純な構造の物ではなく、手作りしないと作れないものです。また、使用場所と状況に応じて、細かく仕様を変えないと より良い結果が得られないことが解りました。 この、仕様状況に応じて作りを変えたケーブルを、遊音工房で受注生産いたします。
                                         



ページトップへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

手作りUSB DACについて

遊音工房では、USB DACを 近日中に受注生産することに致します。それは、これから先のステレオは コンピューターから直接音楽を再生することが主流となり、特にUSB接続した高音質DACを使用するのが 最も合理的であると考えたからです。

DACの音質については、DACの中心になるLSIよりも 周辺回路の良し悪しで音質が大きく変わることが解りました。そこで、アナログ回路部分を遊音工房でチューニングして 高音質化したUSB DACをご提供いたします。
できるだけ安価に、しかも 超高性能に作り上げることに徹した ハンドメイドUSB DACを、皆様に 近日中にご提供することをお約束いたします。


ページトップへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バッテリードライブ音楽専用コンピューターについて

音の良い 音楽専用のコンピューターが欲しいという 長年の夢を持たれている方は かなり多いと思います。今までは、コンピューターからの音楽再生は 迫力がなく今一つでした。ラップトップコンピューターは、バッテリーで駆動していますが 内臓しているバッテリーの内部抵抗の問題からか、思い願っている音質は得られませんでした。

遊音工房では アンプで培ったバッテリー電源の技術を応用し、デスクトップコンピューターを 直接鉛バッテリーで駆動させると 音が良くなるのではと考え、鉛バッテリー電源で動く デスクトップコンピューターを 試作いたしました。マザーボードに、ノイズがなく安定で強力な鉛バッテリーからの電流を、ストレートに流し込むように作られています。

そうすると音が非常に良くなり、信じられない方も多いかとは思いますが、デジタル信号で動くコンピューターも 電源で音が大きく変わることが確認できました。

先の手作りUSB DACとセットで使用すると、非常にクリアで広がった音像で 音楽を楽しく聴くことができます。また、Windous 8搭載のタッチパネルの操作性は非常に快適です。お客様のご使用状況に合わせた形のコンピューターを、近日中に受注生産を開始いたします。  



ページトップへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






newpage11.htmlへのリンク

newpage1.htmlへのリンク